アルバムジャケット

NEWアルバム“Butterfly”リリースのおしらせ

旅する音楽 LOST & FOUNDプロジェクト「Little Tempo × Nabowa × 延岡中学吹奏楽部」、映像公開!

人生の大先輩で盟友とも言える谷川さんとの付き合いはもう10年以上になります。

自身の企画”旅する音楽”はその名の通り、旅×音楽。何が起こるかわからない旅と音楽という最高の組み合わせは、演者である我々も含めて十人十色の楽しみ方があります。
そんな谷川さんとは各地を共に旅しましたが、今回の「旅する音楽」はその中でも強力な案件で、一生忘れることのないものとなりました。

場所は宮崎県延岡中学校。そして出演バンドはLITTLE TEMPO×Nabowa、これが楽しくないはずがありません!

最初は体育座りで聴いている生徒たちも演奏がはじまると勝手に体が動きはじめ、体育館は巨大なダンスホールに。初期衝動や原体験という半ば使い古された言葉が、これほど生々しく浮かび上がる現場はかつてありませんでした。そして今回、素晴らしい映像チームを入れてしっかり撮影していただきました!ぜひご覧になってください。

願わくば全国の多くの子どもたちにこの体験をしてほしいです。ぜひこちらから、谷川さんの活動をご覧になってください。

最後に、今回のプロジェクトに関わってくれたスタッフの皆さま、最高のMUSIC LOVERである神崎校長先生、そして最高の笑顔とダンスを見せてくれた延岡中学校の皆に心より御礼申し上げます。

また会いましょう!

 

1月の思い出

久しぶりの更新です。まだ?もう?2月ですが、今年も展開が早いです。

僕の友人、BICの活動。

早稲田大学ラテンアメリカ協会での付き合いから始まり、ゆくゆくはBophanaのサポート、そしてHands of Creationのバンドメンバーとして10代から30代まで多くの時間を共有したパーカッショニストのBIC。彼ら一家が東京を離れて早7年が経ちました。
丁寧なプレイと音楽以外のことでも手厚くサポートしてくれる彼の人柄は皆に愛されていて、東京を離れるときは多くの人が悲しみました。(もちろん新天地での生活は応援しつつ、ですが!)
これまでBICとはたくさんの会話をしてきましたが、自然についての話は特にしたことはありません。しかし時節本人のSNSや四万十を訪れた友人から見聞きする彼らの活動が、僕が昔から都市部での生活に対して思っていたこと、願っていたことと少なからずリンクしていることに特に驚きはなく「やっぱそうだよな」という思いに落ち着きます。
現在の僕の生活環境ではやりたくても出来ないことをすでに体現している彼らですが、このたびさらにその活動を深化させるべくクラウドファウンディングを始めました。詳しい内容はリンク先の本文を読んでいただくとして、僕は彼らのチャレンジを心から応援します。丁寧でユーモア溢れる人間性が垣間見える文章です。
全てにおいて真摯な彼らの活動が一人でも多くの人たちに触れられますように。願わくば彼らに縁のある人たち、そして本文を読んで賛同した人たち、是非記事をシェアしてください。初めて書きますが拡散希望です!

クラウドファウンディングの概要はこちらです!

新年明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年に引き続き、今年も元旦2日3日と田中邦和さんのMotion Blue横浜お正月バンドに参加させていただきました。

田中邦和(sax,司会)、武田カオリ(vo)、小池龍平(g)、TATSU(b)、栗原 務(ds)という素晴らしいバンドメンバーに加えてDJはwassive、naruho、Johnnyというジャンルを超えた面子。そしてこのイベントの醍醐味は飲みながら演奏すべしという最高のスタイル。ずっと続けてほしいイベントです♡

 

翌日4日は中山うりさんのレコーディングへ。

中山うり(vo. acc.)、小林創(org.)、南勇介(b)、宮川剛(ds.per)という強者たちに加え、エンジニアは超ご無沙汰の会った上野洋くんと気づけば驚異の早稲田率。楽曲はもちろん、アレンジがまた素晴らしかったです。詳細は追ってお知らせいたします!

 

翌日5日は渋谷にて湘南乃風、若旦那さんのラジオ番組「僕らは海峡を渡る」の収録へ。ゲストで呼んでいただきました。同世代ということもあって気付けばあっという間の1時間、始終リラックスしてお話させていただきました。オフトークもめっちゃ面白かったです。そして旦那くん、声はもちろんですがヴィジュアルがヴィンセント・ギャロばりにイイ男でした♡

FM COCOLO 76.5 「僕らは海峡を渡る」、OAは1/19(土)19:00〜20:00です。 check it out!!

 

そして7日からはaudio tecnnica5のastrostudioにて、5日間ぶっ通しのbonobosプリプロ!織り交ぜた濃厚なセットリストで全国を回ります。12月にメンバーを震撼させた必殺の新曲も披露します!各地チケットが少なくなってきております、ぜひぜひお早めのご予約を。

http://bonobos.jp/live/

“新春ファンシーSHOW 2019”
1/13 福岡 ROOMS (SOLD OUT!)
1/14 広島 セカンドクラッチ
1/20 恵比寿 LIQUIDROOM (チケット僅少!)
1/25 札幌 BESSIE HALL
1/27 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
2/02 梅田 CLUB QUATTRO
2/03 名古屋 CLUB QUATTRO

 

そして本日。Inter FM “Ready Steady George!!”にて、僕のアルバム”Butterfly”から3曲OAしていただきました。


そしてそして。なんと来週1/15には同番組にゲストで生出演させていただきます♡
是非聴いてください!

では皆さま、だいぶ乾燥しておりますのでインフルエンザにお気をつけて。

改めて本年もどうぞよろしくお願いいたします。

日記

ひさびさのブログUP。

備忘録も兼ねて、年末の現場を振り返りました。

 

11/11

美由紀さんと、岐阜のHonky Tonkにて。

久々のデュオライブ、リラックスした本番のあとはマスターの趣味の良いアナログで楽しみました。

 

11/17

アン・サリーさんと筑後、野ほほんにて。

美味しいご飯と良い音楽♡

11/18

翌日、アン・サリーさんと基山にて。

クローズドのライブでしたが実に良い音で演奏させていただきました!

ツアーの途中、Toshlさんの新譜”IM A SINGER”が届く。

m9″I LOVE YOU”にアコギで参加させていただきました。

凄まじい歌唱力!圧巻でした。

11/22

LITTLE TEMPOで宮崎入り。Nabowaとのツアー、初日は宮崎延岡中学校!

後日映像を公開しますが、この数分後にはすごいことになります。

11/23

翌日は熊本、Navaroへ。

愛するNabowaとのジョイントツアー、めっちゃ楽しかったです!

毎年やりたいなぁ…

11/25

久々のソロライブは、銀座のSaturday Whiskey Bar Nakanoにて。

築地の友達がたくさん駆けつけてくれて、どんちゃん騒ぎに。築地最高!銀座最高!

12/1

アン・サリーさんと東京蚤の市。ものすごい人、人、人。

晴れてよかった!

12/2

bonobos@CORONA SUNSETS SESSIONS YOKOHAMA。

若者のエネルギーをたんと浴びてきました♡

12/8

熊本TSUKIMIのオープニングパーティ。こちらもソロでの出演。

おかげ様で満員御礼!
LONG SIX BRIDGE飯田さん、おめでとうございます♡

12/9

畠山美由紀 & Port of Notes”Both Sides , Now”@福岡Rooms。

盛り上がりすぎて打ち上げも最高でした!

12/14

大好きな土生さんと新百合ヶ丘Chit Chatにて。

ひたすらChill!マイク録りの魅力を再確認しました。

12/16

金沢モリスホールにて畠山美由紀 & Port of Notes”Both Sides, Now” 。

ツアー最終日は打ち上げも盛り上がりに盛り上がって、最後は大介さんとサシの部屋のみ♡最高でした。

12/17

京都は磔磔にて、Polaris”天体”リリースツアーファイナル!

オオヤさん超セクシー。bonobosでご相伴させていただきました♡

12/22

飯能Hachisuにて、アン・サリーさんのクリスマスライブ。

この日は久々のバンドメンバー。アン・サリー(vo.)、小林創(Pf.)、飯田玄彦(tp.)、小池龍平(gt. cho.)。最高でした♡

12/23

福岡、籐円寺にて畠山美由紀さん”お寺と音楽 2018″。たくさんのお客様にご来場いただきました。今年の九州&美由紀さん納め。九州も美由紀さんも、今年も大変お世話になりました。

12/25

LITTLE TEMPOクリスマスライブ@UNIT!

本年最後のライブはLITTLE TEMPO。メンバーのみ、ノンストップ120分レゲエチューン!

アナログ卓を持ち込んでのウッチーさんのDUB MIX、演っているほうが死ぬほど気持ち良かったのでフロアは極上だったのではないでしょうか。2018最高の締めくくりでした。

日記

久しぶりの投稿。各地に旅に行っておりました。

10/27 逗子・surfersにて。

毎年恒例のアンサリーさんの逗子surfersライブに、今年も参加させていただきました。前日まで大雨、これはキツそうだなと思ってたら当日まさかの青空。さすがアンさんです。マスターのnaluさん、いつもありがとうございます!

 

10/28 流山・カフェアンティグアにて。

今回で3回目、最終回となるアンティグア15周年イベントのラストを飾ったのは畠山美由紀さん。PAは大阪から理秀氏(赤犬)。ミュージシャンの作るサウンドはやはり心地良かったです。美由紀さんの素晴らしさは言わずもがな、極上の90分に会場満員のお客様もきっと感動したのではないでしょうか。打ち上げも楽しすぎて久しぶりの二日酔い。

 

11/3  沖縄・モンパチフェス「What a Wonderful World!!18」にて。

リトテンチーム、満を持しての前乗り。その日はあいにくの雨でしたがひたすら美味いものを飲み食いしまくり英気を養いました。ライブ当日の午前中も土砂降りでこりゃキツそうだな…と思っていましが、当日入りのHAKASEさんと玄さんが合流するとなんと奇跡の晴れ。リトテン晴れパワー半端じゃないです。(きっとその日の出演者全員が同じことを思っていたでしょう。)本編はMONGOL 800からgt崇くんも飛び入り!最高の二日間でした。

 

11/4 bonobos・FM802 presents RADIO HARVEST in NAKANOSHIMA」、大阪市中央公会堂にて

早朝に那覇を発ち、大阪へ。大阪市中央公会堂は初めてでしたが素晴らしい空間でした。音も響きすぎず吸われすぎず、バッチリ。さすがのPA一三さんです。そしてそのまま難波に移動し、

 

“GROOVY ROOMS 2018″@Banana Hall

サーキットイベントだったこともあり人でごった返す控え室。おかげで久しぶりの友人たちとも再開できました。bonobosは来年2/2、梅田 CLUB QUATTRO にて”新春ファンシーSHOW 2019″も控えております!そちらも是非いらしてください。

 

11/8  キリスト品川教会 グローリア・チャペルにて、「畠山美由紀 × Port of Notes “Both Sides, Now”」

説明不要の美由紀さん教会ライブ。これまで何度かサポートさせていただいておりますが、やはりこの会場は特別です。しかも今回はPort of Notesと美由紀さんの2マンという、ありそうでなかった夢の共演。極上の90分だったのではないでしょうか。ケンテックのサウンドシステムと早坂さんのオペ。完璧でした。運命的なマイクとも出会い、今後が楽しみです。(ナタリーで本公演の記事がUPされております!是非チェックを!)

奇しくも同日、Port of Notesと畠山美由紀さんのスプリット7インチ、そして僕のニューアルバム”Butterfly”が発売となりました。今後各地に持ってまいりますので、皆様是非手に取ってくださいませ。

そしてなんと嬉しいことにこのツアーはまだ終わりません。12/9@福岡・ROOMS、12/16@石川・モリスホールと続くのです…!各会場残りチケットもわずかとなってまいりました。是非お早めのご予約を。大介さんとはこれまで旅先での笑える珍事件の思い出を多数共有しておりますので、残りのツアーが本当に楽しみです。

 

そして本日11/10は京王閣にて、東京蚤の市2018。アン・サリーさんのサポートで出演しました。

バッチリ晴れましたね!そしていつになくノリノリのアンさん。イベントとは思えないボリュームのロングセットで老若男女をがっつり盛り上げてました。本当にチャーミングな方です!アンさんは来週末、福岡” 野歩ほん”のライブにもご一緒させていただきます。

 

そして明日は久しぶりの岐阜。HonkyTonkにて、”畠山美由紀×小池龍平”LIVE。お初なのでまだWEBでしか見ていないのですが、とっても素敵なお店の予感。急遽増席して、少し当日券出るそうです。check it ! http://honky-tonk-blues.com

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

小池

ソロアルバムリリースのお知らせ

11月8日にソロアルバム”Butterfly”をリリースいたします。

構想20年、制作2ヶ月。

この夏はレコーディングとミックスに身を捧げました。

表題のオリジナル曲2曲に加え、僕が幼少期から大いに影響を受けてきた偉大なミュージシャンたち、即ちBob Marley and The Wailers、Peter, Paul & Mary、The SpecialsやPink Floyd…といった面々の楽曲のカバーを収めた珠玉の全9曲入りです。

歌ものアルバムですがゲストミュージシャン無し、バッキングをすべてクラシックギター二本とボイスパーカッションだけで構築するというやや特殊な制約を設けたので、レコーディングとミックスはなかなか手こずりました。

Hands of Creationを休止して以来、畠山美由紀さんやアン・サリーさんはじめ素晴らしいシンガーの方々のサポート、またbonobosとLITTLE TEMPOのメンバーとしてあらゆるジャンルをひた走って来た約10年ですが、その間に培って来たリズムギターとコーラスワークの全てを集約させました。

ジャケットは僕が一目惚れした新進気鋭のイラストレーターの関川恵さん、そしてマスタリングはジャパニーズポップスの礎を築きあげてきた田中三一さんをお迎えしました。

studio ATLIOにて、田中三一さんと。

尊敬するレコーディングエンジニアの内田直之氏にコーディネートしていただきました。

常にギターを最高の状態にチューンナップしてくれているMOGUT工房赤城さんと共に、心より感謝いたします。

 

 

関川恵さんによるジャケット。

ジャケットはもちろん、ブックレットの随所に僕の人となりがわかるようなイラストを散りばめてくれました。

完成盤は今週末に届く予定です。楽しみで仕方ありません。

 

なお販売方法につきましては僕が参加するライブ会場での物販ならびに、通販でのみの販売となります。

定価は2,500円ですが、当面税金はサービスさせていただきます。(送料は200円となります)

 

盤は僕の愛するジュエルケース仕様です。

通販ご希望の方は下記メールアドレスに「アルバム購入希望」のタイトルでご連絡ください。

info@ryuheikoike.com

入金方法等は追ってこちらから折り返します。

 

皆さまに末長く愛されるアルバムとなりますように。

 

小池龍平

「Music Bouquet」

先日美由紀さんとラウンブリングレコードにて撮影した動画がUPされました。

畠山美由紀さんが開設したYouTubeチャンネル「Music Bouquet」、是非チェックしてください!

トーク&生ライブ有ります。

今後不定期に更新していくそうなので、チャンネル登録をお勧めいたします!

週末

週末のツアーから帰宅いたしました。

bonobosの岩手〜LITTLE TEMPOの豊田となかなかハードな行程でしたが幸いトラブルもなく順調に進みました。

 

INAKA FES CAMPは大きなキャンプ場に大きなステージ。

空気も綺麗で星も綺麗、そしてなによりケータリングがフェス史上最強に美味かったです。

聞けば遠野のKoyominaというダイニングバーのキッチン部隊だそうで…

是非お店にも一度行ってみたいです。

 

今回急ぎの行程で無理でしたが今度は終演後花巻温泉に浸かりたい!

INAKA FES、今後とも皆さまお見知り置きを!

 

翌日はLITTLE TEMPO、豊田市は初参戦のTOYOTA ROCK FESTIVALへ。

これだけの規模でフリーイベントとは驚きです。

内容も天気も時間帯も最高でした。

帰りは浜松で鰻を。

楽しい週末でした。

Rambling RECORDSにて。

昨日は代々木上原のRambling RECORDSにて畠山美由紀さんとの動画撮影諸々。

詳細は後日発表しますが、実験的なこともできて楽しかったです。

Rambling RECORDSはアルバム「Coffee & Music」をリリースさせていただいたレーベルで、以降美由紀さんのサポート現場含め大変お世話になっております。

スタッフさんたちの、僕らももちろん僕らの音楽に対しても愛情を持って接してくれる姿勢にはいつも頭が下がります。

畠山美由紀さんは秋から冬にかけて、たくさん現場をご一緒させていただきます。

・10/28 @流山 CAFE & GALLERY ANTIGUACAFE & GALLERY ANTIGUA 15th Anniversary LIVE vol.3“(チケット僅少!)

・11/08 @東京 キリスト品川教会 グローリア・チャペル “畠山美由紀 × Port of Notes 『Both Sides,Now』”(完売御礼!)

・11/11 @岐阜 Honky Tonk”畠山美由紀 と 小池龍平のライブ”

・12/9 @福岡 ROOMS  “畠山美由紀 × Port of Notes 『Both Sides,Now』”

・12/16 @金沢 モリスホール “畠山美由紀 × Port of Notes 『Both Sides,Now』”

・12/23 @福岡 藤円寺  ”お寺×LIVE 2018″

本日情報解禁しましたが、美由紀さん5年ぶりのニューアルバムがついに発売されます。

冨田恵一(冨田ラボ)さんプロデュース、毎違いなく素晴らしいサウンドになるでしょう。

詳細はこちらにて。