週末のこと

飯能を中心に濃い週末を過ごしました。
土曜日、MOGUT赤城工房の女将さんであるMIREIさんのデビューアルバム”今”のリリースツアー。
”今”は僕がアレンジ、プロデュース、エンジニアすべてを務めた、僕にとっても初めて尽くしのデビューアルバム。
子育てしながら、シンガーを続けるMIREIさんのまさに”今”が詰まったアルバムです。

昼間は長瀞”Kaminagatoro Arts & River”に出演。
長瀞に来たのは実に10年ぶり以上か。変わらず雄大な自然と素晴らしい紅葉にほっとしました。
 
夜は飯能のカフェ、”HACHISU”。ずっと噂に聞いていたHACHISU、念願かなって行くことが出来ました。
とても落ち着く、居心地の良い空間。

ホームタウンでのライブはMIREIさんが如何に皆から愛されているかがわかる、アットホームで暖かみのあるライブでした。
集まってくれたのも素敵な人たちばかり。
来てくれたお客さん、今回のライブそしてレコーディングを共にしたトランペットの飯田玄彦さん、急遽飛び入りしてくれたギタリスト斎藤くんにハーピスト龍英くん。
そしてMIREIさん、本当にありがとうございました!
夜はそのまま赤城家で酒盛り。
長い長い、本当に良い一日でした。
 

翌日曜日は立川の昭和記念公園にてアン・サリーさんのサポート。
この公園に来るのは一体何年ぶりだろう…おそらく20年近く前?かと思うと、齢をを重ねたことを実感します。
昭和の記録展というイベントの一環で、昭和の農家の縁でライブをさせていただきました。

完全マイク録り、やっぱこれですよ。PG57というSM58の下位モデルだそうですが、かなりいい感じでした。
やはりマイクは値段ではなく相性なのですね。
1000人以上が集まったという客席の中には赤城家や、グッドラックヘイワ野村くんの姿も。嬉しかったなあ。
…そして何よりアンさんの歌にやられました。
アンさんからは色々な状況から楽しみを見出す余裕を感じます。
それはステージだけではなく、移動中やリハ中、あるいはふと垣間見える普段の生活からも。
勝手に学ばせてもらっています。いつもいつも、ありがとうございます!
 
そんなわけで、この週末のハードヒットで薬指の爪が完全にイかれてしまいました。
もう自爪の修復は不可能とみて、泣く泣く付け爪を装着することに…
ところが今度は薬指だけ音が大きくなってしまいバランスを取っていると結局小指以外すべて付け爪になってしまった。
僕の脱付け爪宣言は半年も持たずに終了してしまったわけです。
しかし、生爪期間は決して無駄ではなかったと確信しています。
付け爪という諸刃の剣の、良い部分の刃が上手く使えるようになった気がしています。
 
次のライブは次の日曜日、那須のSHOZO CAFEにて、畠山美由紀&小池龍平”Coffee & Music LIVE”。
詳細はこちらにて。
文字通り爪を研いで臨みます、是非お越しください!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です